気温の変化による健康(体調管理)は服装から見直そう  

朝夜と昼間の気温の差が激しかったり天気予報が外れてしまった時、特に女性は体調を崩しやすいです。一度崩すとなかなか回復できない時もあり、健康(体調管理)って大事だなと当たり前の事を思ったりする方は少なくないでしょう。
そのような経験を繰り返さないためにお勧めな定番の服装が2つあり、それはカーディガンとストールの着用です。
どちらも、寒い時に違和感なく着用できて暑くなったらすぐに脱げるというメリットがあります。
冬になりきれていない時期は特に、朝や夜が寒いからとセーターや発熱性インナー、タイツなどを選びがちですが、昼間は汗をかいてしまう事があります。
健康(体調管理)を意識していても、脱ぎにくかったり脱ぐことで服装のバランスが崩れると思うと、つい億劫に感じそのまま過ごしてしまうこともあり、結果体調を崩してしまいます。
服装を決める時は、こういう事も想定しておく事で、気持ちよくストレスフリーに過ごすことができます。
また近年、世界中で気温の変化が著しく、例年通りとは言えず突然雨や雪やひょうが降ったりするおかしな天気が続いていますので、ストールは常にバッグの中に入れておいてもムダではないでしょう。
備えあれば憂いなしの精神で健康維持に努めましょう。